SBI証券 口座開設

SBI証券 口座開設はアイエルアイパートナーズで!

業界屈指の格安手数料でお得!!
国内株式の現物取引・信用取引で、2種類の手数料プランでご用意しています。1注文の約定代金に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」、 どちらも業界屈指の格安手数料です!
国内株式手数料一覧

強力なトレーディングツール「HYPER SBI」

投資に必要な情報収集から注文発注までを一貫して行うことができるリアルタイム・トレーディングツール「HYPER SBI」で快適なお取引環境を実現します!

直感的な操作で発注できる!

板情報画面でのドラッグ&ドロップのマウス操作だけで発注、指値変更、取消が可能です。チャート等一覧画面で注文一覧ビューを表示すれば、複数銘柄の発注後のウォッチも簡単!

売買シグナルが一目瞭然!充実したテクニカル指標(チャート)

表示出来るテクニカル指標は40種類以上。複数同時表示も可能なため、さまざまな指標で売買のシグナルをご確認いただけます。

投資機会を逃さない!アラート機能

「株価・市況」・「信用建玉評価損益」・「注文」に対して条件を設定して通知する事が可能です。メールでも通知が可能なため、外出先でも売買のタイミングを逃しません。

スマートフォンアプリでいつでもどこでもスピーディーなお取引を!

スマートフォンならではの操作性で、いつでもどこでも国内株式とFXがスムーズにお取引いただけます!ご利用はもちろん無料です。

SOR注文について

SOR(スマート・オーダー・ルーティング)とは

「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文」とは、複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する形態の注文です。当社では、証券取引所(当社優先市場)と「ジャパンネクストPTS」の第1市場(J-Market)および第2市場(X-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場を判定して、自動的に注文を執行します。
注文を行う際、事前に各市場の価格を見比べることなく、自動で最も良い条件の市場へ注文が行える(※)ようになります。

(※)SOR判定は、「価格」だけではなく、「約定可能性」についても考慮しますので、必ずしも「価格」が有利な市場に発注されるわけではございません。また、一部例外もございますので、こちらのお取引ご注意事項 新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。

SOR判定により、全数量がPTS市場で約定した場合、1注文が複数市場(証券取引所(当社優先市場)、PTS市場(J-Market、X-Market))に跨って約定が成立した場合は、PTS取引手数料が適用されます。

  • ※スタンダードプランをご選択のお客さまに限る
  • SOR対象銘柄の注文入力画面は「SOR」注文が初期設定(デフォルト)となっております。
  • SOR注文ご選択時は、逆指値注文や条件執行条件付注文(寄成・引成・寄指・引指・不成・IOC成・IOC指)はご利用いただけません。

※逆指値注文や執行条件付注文をご利用いただく際には、注文入力画面内の「SOR」を当該銘柄の上場市場(東証/名証/福証/札証等)にご変更(選択)の上ご利用ください。

※逆指値注文は、ご注文される銘柄の当社優先市場が東証である場合にご利用いただけます。(名証/福証/札証である場合はご利用いただけません。)

PTS取引手数料

SOR判定に伴う各手数料についてのご注意事項

アクティブプランをご選択の場合

  • SOR対象銘柄のご注文について、SOR判定が行われた結果、PTS(J-MarketまたはX-Market)での約定となった場合、「約定代金合計額」にPTS取引での約定代金が加算されて、アクティブプランの手数料が計算されます。
  • 注文入力画面で市場を「PTS」と指定して約定となった場合、「PTS手数料」が適用されます。

スタンダードプランをご選択の場合

  • SOR対象銘柄のご注文について、SOR判定が行われた結果、「当社優先市場」での約定となった場合、「スタンダードプラン」の手数料が適用されます。
  • SOR判定により、全数量がPTS市場で約定した場合、1注文が複数市場(証券取引所(当社優先市場)、PTS市場(J-Market、X-Market))に跨って約定が成立した場合は、PTS取引手数料が適用されます。
  • 注文入力画面で市場を「PTS」と指定して約定となった場合、「PTS手数料」が適用されます。
フリーダイヤル0120-15-8888
意外と簡単?!NISAの基本がたった5分で早分かり!

さくっと覚えよう!NISAを一言で表すと?

NISA(ニーサ)とは、「2014年から始まった「少額投資非課税制度」で、最大500万円分の投資にかかる税金が非課税になる制度」
上場株式や投資信託等の配当金や売買益の場合、特定口座・一般口座20.315% に対して何とNISA口座0%
お子さまの将来・・・不安ですよね?SBI証券のジュニアNISAで守りながら資産を増やそう!

これだけは覚えよう! NISAの4つのポイント

NISAの細かいルールはたくさんありますが、まずは以下の4つのポイントを押さえましょう。

Point1非課税になるのは上場株式・株式投資信託の譲渡益・配当金等 Point2対象は日本に住む20歳以上の方 Point3最大600万円の投資額に対して最長5年間が非課税に Point4開設できるNISA口座は1人1口座

NISA口座と特定口座・一般口座を比較してみると、こんなにお得!

NISA口座は最長5年間非課税、特定口座・一般口座は配当金・譲渡益に対して、20.315%(※)が課税されます

NISA活用イメージ

NISAの制度概要

概要

口座内の商品から発生する配当金、分配金、譲渡益が5年間非課税となります。

  • ※NISAで上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
    「株式数比例配分方式」の詳細は配当金受領サービスページにてご確認ください。

対象者

口座開設をする年の1月1日現在において満20歳以上の居住者等

口座開設

お取引できるNISA口座は1人1口座

  • ※NISA口座の開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数の金融機関にはお申し込みいただけません。金融機関の変更により、複数の金融機関でNISA口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つのNISA口座でしかお取引いただけません。また、NISA口座内に保有されている商品を他の金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更される年分の非課税管理勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。
  • ※万一、複数の金融機関で重複してNISA口座をお申し込みの場合には、SBI証券にNISA口座を開設できない場合があります。その場合でも金融機関の変更ができません。また口座開設が大幅に遅れる可能性があります。
    すでに他の金融機関に口座開設の申し込みをされたお客様は、SBI証券へのNISA口座開設のお申し込みとあわせて、当該金融機関へのキャンセルのご連絡をおねがいいたします。なお「非課税適用確認書」がすでに交付されており、当該金融機関でNISA口座開設が完了している場合は、SBI証券でNISA口座開設することはできません。

対象商品

上場株式、公募株式投資信託 等

非課税期間

5年間

投資可能期間

毎年1月1日~12月31日(受渡日ベース)

  • ※各年の当該期間にNISA口座を通じて買付けた額が非課税期間の対象となります。

非課税投資上限額

年120万円

  • ※2016年から、100万円/年⇒120万円/年へ増額
  • ※途中売却は可能です。ただし、売却部分の枠の再利用はできません。
  • ※投資を行わなかった未使用枠の翌年以降への繰越しはできません。
  • ※5年間の非課税期間が終了したのちは、保有する金融商品の時価が120万円を超えていても翌年開始される新たな非課税枠に移管することができます。
  • ※NISA口座と一般口座や特定口座との損益通算はできません。

NISA・つみたてNISAのご注意事項

  • 配当金等は口座開設をした金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません
    NISA・つみたてNISAの口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
  • リスク及び手数料について
    SBI証券の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
  • 同一年において1人1口座(1金融機関)しか開設できません
    NISA・つみたてNISAの口座開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数の金融機関にはお申し込みいただけません。金融機関の変更により、複数の金融機関でNISA・つみたてNISAの口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つの口座でしかお取引いただけません。また、NISA・つみたてNISAの口座内に保有されている商品を他の年分の勘定又は金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更される年分の勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。
  • NISA・つみたてNISAで購入できる商品はSBI証券が指定する商品に限られます
    SBI証券における取扱商品は、NISA・つみたてNISAで異なります。NISAは国内株式(現物株式、ETF、REIT、ETN、単元未満株(S株)を含む)、公募株式投資信託、外国株式(米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、海外ETFを含む)、つみたてNISAは公募株式投資信託となります。※取扱商品は今後変更の可能性があります。
  • 非課税投資枠が設定され、売却するとその非課税投資枠の再利用はできません
    NISAの非課税投資枠は年間120万円(2014~2015年は年間100万円)、つみたてNISAの非課税投資枠は年間40万円までとなります。NISA・つみたてNISAの非課税投資枠は途中売却が可能ですが、売却部分の枠の再利用はできません。また、投資を行わなかった未使用枠の翌年以降への繰越しはできません。
    投資信託における分配金のうち特別分配金(元本払戻金)は、従来より非課税でありNISA・つみたてNISAにおいては制度上のメリットは享受できません。
  • 損失は税務上ないものとされます
    NISA・つみたてNISAの口座で発生した損失は税務上ないものとされ、一般口座や特定口座での譲渡益・配当金等と損益通算はできず、繰越控除もできません。
  • NISA とつみたてNISA はいずれかの選択制です
    NISA・つみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用を受けることはできず、原則として変更は各年においてお申し込みいただく必要があります。
  • つみたてNISAでは積立による定期・継続的な買付しかできません
    つみたてNISAでのお取引は積立契約に基づく定期かつ継続的な方法による買付に限られます。
  • つみたてNISAではロールオーバーができません
    つみたてNISAはNISAと異なり、ロールオーバーにより口座内に保有されている商品を異なる年分の勘定に移管することはできません。
  • つみたてNISAでは信託報酬等の概算値が原則として年1回通知されます
    つみたてNISAで買付した投資信託の信託報酬等の概算値を原則として年1回通知いたします。
  • つみたてNISAでは基準経過日における氏名・住所の確認が求められます
    つみたてNISAでは口座を設定してから10年経過日、および以後5年を経過するごとに氏名・住所等の確認が必要となります。当社がお客さまの氏名・住所等が確認できない場合にはお取引ができなくなる場合もございますのでご注意ください。
フリーダイヤル0120-15-8888

SBI証券の投資信託は100円から積立できる

SBI証券は100円から積立可能!

SBI証券の投信積立は100円から積立可能なものもございます。

※当ページ経由で口座を開設されると、アイエルアイパートナーズの金融商品仲介口座となります。
※既にSBI証券で口座を開設されているお客様は、アイエルアイパートナーズ金融商品仲介口座を開設することはできません。
当社の担当者にご相談等をご希望されるお客様は、「IFAコース」となりますので、こちらより、お申し込みください。


アイエルアイパートナーズの金融商品仲介業に関する明示事項
アイエルアイパートナーズの投資勧誘方針
アイエルアイパートナーズの個人情報保護方針および個人情報の利用目的